恥ずかしくて病院でクラミジア検査を受けたくない男性

患部の痛みや排尿痛があるのであれば性病を疑い、性病の中でも最も多い「クラミジア検査」をしてみましょう。“恥ずかしくて病院へ行けない”という方は通販でクラミジア検査のキットを購入して自宅で検査してみましょう。

肛門や性器周辺に異常を感じたらクラミジア検査を

クラミジアは以前から風俗店などで蔓延している性感染症として知られていましたが、性病撲滅などの対策をした結果、さいきんでは風俗店以外の一般の男女の間で感染拡大が懸念されています。数ある性病の中でもクラミジアは感染者が多い性感染症で、性器に発生する性器クラミジアと咽に感染する咽頭クラミジアがあります。どちらも性行為によって感染することが多く、避妊具を使っていても粘膜接触で感染するので、精液や膣分泌液などを介して感染します。感染しても発症するまで、体に異変を感じないため自覚症状がないことが多く、気づかないまま性行為をして感染させてしまうことが増えています。クラミジアの症状は、男女共に性器周辺や肛門、口などの周辺に水ぶくれなど水泡や出来物ができる症状の他、女性の場合は子宮の入り口にある子宮頚管にクラミジアが感染してしまいます。子宮頚管に感染することでおりものが増えたり、不正出血が起こり、そのまま放置しておくと卵管炎を引き起こして子宮外妊娠や不妊症の原因になります。男性の場合は尿道部分に感染し、尿道に不快感や痒みを発症し、さらにひどくなると精巣上体炎を起こして、無精子症になる恐れもあります。クラミジアは発症して早い時期に治療を受けて適切に治療薬を摂取すれば、1~2週間ほどで治療を終えることができます。発症してから時間がたってしまうと症状が重くなっているので、それだけ治療に時間がかかってしまいます。そのため、避妊具を使わずに性行為を行ったときや不特定多数と性行為をしたとき、性器や咽に違和感を感じたときは、早めにクラミジア検査を受けることが必要です。クラミジア検査は病院や保健所だけでなく、検査キットを使って検査を受けることもできます。