恥ずかしくて病院でクラミジア検査を受けたくない男性

患部の痛みや排尿痛があるのであれば性病を疑い、性病の中でも最も多い「クラミジア検査」をしてみましょう。“恥ずかしくて病院へ行けない”という方は通販でクラミジア検査のキットを購入して自宅で検査してみましょう。

細菌や真菌などの感染防止とクラミジア検査

性行為というのは、細菌や真菌、ウイルス、マイコプラズマなどといった、さまざまな微生物の感染のおそれがある行為でもあります。こうした微生物が体内に侵入してしまった場合には、その部分が腫れて炎症をおこしたり、体のだるさや発熱などといった、全身にわたる症状になやまされることもあります。こうした細菌、真菌、ウイルスなどによる感染症を防止するためには、性行為の際に、避妊具を確実に着用するということが求められ、これによって、感染のリスクのいくぶんかは軽減できるはずです。しかし、避妊具そのものも万能というわけではありませんので、少なからず感染症のリスクはあるものです。現在のところ、日本人がかかる性感染症としては、性器クラミジア感染症とよばれるものが、もっとも多くなっています。この性器クラミジア感染症ですが、クラミジアという細菌の一種がひきおこすものであって、女性ではそれほど症状がない場合が多く、主に男性の場合に、尿道から水のような透明な分泌物が出てきたり、排尿のときにかゆみのような違和感があったりすることがあります。パートナーの片方が感染している場合には、もう一方のほうも感染しているうたがいがありますので、明確な症状がなかったとしても、やはりクラミジア検査を受けて、感染しているかどうかをはっきりさせておいたほうがよいでしょう。クラミジア検査の結果で陽性になった場合ですが、合成抗菌薬や抗生物質などによって治療をすることになります。こうした薬剤には、クラミジアの増殖を阻害するような成分が含まれているものですので、継続的に服用をすれば、やがては症状は改善され、もとのような健康体に戻ることができます。