恥ずかしくて病院でクラミジア検査を受けたくない男性

患部の痛みや排尿痛があるのであれば性病を疑い、性病の中でも最も多い「クラミジア検査」をしてみましょう。“恥ずかしくて病院へ行けない”という方は通販でクラミジア検査のキットを購入して自宅で検査してみましょう。

患部の痒みなどがあったらクラミジア検査を!

最も患者数の多い性感性症の一つで「クラミジア・トラコマティス」による細菌の一種です。
クラミジアは細菌とウイルスの中間に分類される微生物で生きた細胞の中で増殖します。
主に性行為によって感染してしまう為、自覚症状がないままパートナーへ感染してしまうことがあります。
女性の症状としては多くの場合気づかないことが多く、おりものがわずかにある程度で、放っておくと子宮内膜症、腹膜炎、欄肝炎をおこしたり子宮外妊娠や不妊症の原因になります。
クラミジアに感染したまま妊娠・出産すると新生児に結膜炎や肺炎などの病気の原因に繋がります。
男性の場合は主に感染するのは尿道で、目立った症状がないことから気づかぬうちに尿道炎・前立腺炎・副睾丸炎などに感染したりします。
自覚症状がある場合は早期に医療機関へ行き、詳しい検査をすることが大切です。
だいたいはパートナーも感染している症例が多いので、二人一緒に同時期に受診・治療を行う必要があります。
女性の場合は産婦人科、男性の場合は泌尿器科の受診で治療が受けられます。
クラミジア検査内容としては、綿棒や木製のヘラを使い膣内部の分泌液(おりもの)や細胞などの採取を行ったり、場合によっては採血・採尿が必要になります。検査時間はほんのわずかで検査結果も即日わかることがほとんどです。
男性の場合は尿検査のため、結果が分かるまで1週間ほど時間がかかる場合がほとんどです。
パートナーの結果がわかるまでは性行為は控えるように。
また、基本的なクラミジアの治療はクラミジア感染症の治療薬(ジスロマック)の服用で治していきます。
ジスロマックは7日間効果が持続する事もあり、ほとんどのクラミジア感染症を治すことができます。

クラミジア検査は自宅で簡単にできる

クラミジアは性病の中でいろいろな種類がありますが、最もよく見られるものの1つです。
特に10~20代の若い男女に見られる性病で、クラミジアに感染している人と1度性行為をするとほぼ100%に近い確率で感染する恐ろしい性病です。
クラミジアは主にオーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなどの過激な性行為で感染することが一般的です。
性知識性病の知識があまりない若い男女が、興味本位で過激な性行為を繰り返すことで最近、罹患する人が増えているのです。
またインターネットの普及によって、出会い系サイトなどを利用すれば自分の知らない人と簡単に会えるようになったし、1度だけの大人なの付き合いを気軽にする男女も増えてきました。
クラミジアに感染すると自覚症状があまり出ない人もいるし、感染してもすぐに何か症状が出ないため自分が感染しているのか分からずに、不特定多数の人と性行為をしてしまう人もいるかもしれません。
しかし女性であればクラミジアに感染して、適切な治療もせず放置しておくと将来的に不妊症になるなど重篤な症状に悩まされる人もいるので過激な性行為をしたらクラミジア検査を受けておくほうが安心できます。
おりものの匂いが気になったり、不正出血をしたりしたらまず受けておいたほうが安心できます。
婦人科などの病院へは性病の検査をしにいくとなると、恥ずかしくてなかなか行きづらい人もいるかもしれません。
仕事などで病院へ行く時間がとれない人もいるかもしれません。
そういうときはインターネットでクラミジアに感染しているかが分かるキットが売られているので、取り寄せて検査すれば大丈夫です。
女性ならおりものを、男性ならば尿検査すれば感染しているかがわかります。

クラミジア検査キットの注文方法

10代の性感染症の第1位がクラミジアです。
自覚症状の少ないため、検査せずに見つけることはなかなか難しい病気です。
原因菌であるクラミジアは粘膜を媒介しているため、主に性交時に感染します。
性器同士の接触や性器を口に入れることによる咽頭への接触によって感染することが考えられます。
また、まれですが目に性器からの原因菌がつくと重い結膜炎になることがあります。
初期症状としては、男性は尿道から透明な膿が出ます。
女性は、おりものが増えることがあります。
咽頭の場合は、咽喉が痛くなったり、痰が多く出ます。
いずれにせよ、はっきりとした症状ではありません。
場合によっては無症状の場合もあるので、感染していることを知らずに性交を繰り返し、感染源となっていることも考えられます。
治療をせず、放置したことにより体内深部にまで進行すると重い症状になるため、早期発見、早期治療が重要です。
女性の場合は、子宮外妊娠や不妊症になる恐れもあります。
疑わしい相手との性交があった場合には、潜伏期間を考えて1週間後ぐらいにクラミジア検査をすることをお勧めします。
検査は簡単で自分で検査体を摂取して送付することで行うことができます。
男性の場合は尿、女性の場合は膣内の粘膜によって検査します。
検査キットは、ネットで購入して自宅に郵送することができます。
送られてきたもので家族などにばれるのが嫌な場合、営業所止めにしてもらったり、送り主名や品名を工夫してもらえるサービスが受けられるところもあります。
検査結果もネットで確認することができるので、誰にも見られずに個人的に結果を知ることができます。
発送してからだいたい3日程度で検査が終了し、結果が出ます。

◎違和感を感じる方も感じない方もクラミジアの検査をしておくことをおすすめします
クラミジアは知らないうちに感染していますよ